シードルコンクールで銅賞

辛口が特徴のシードル

中野市栗林の満留古農場が造るサンふじが使われたシードル(リンゴから造られる醸造酒)がこのほど、シードルの国際コンクール大会である第5回フジ・シードル・チャレンジ2021でブロンズ賞を受賞した。

園主の小林博朗さんは「シードルを通して、信州中野で育った満留古農場のサンふじがどう評価されるのか」と思い立ってエントリー。中野市産リンゴの可能性に手応えをつかんだ。

コメントを残す

次の記事

121人が元気に完走