江戸時代の書籍文化と信州中野

江戸時代も現代と同様、多種多様な本が出版されていたことが垣間見える展示

中野市立博物館では1月31日まで、冬季企画展「江戸時代の書籍文化と信州中野」を開催している。

江戸時代は経済が発展し、庶民の生活も安定した時代になり、さまざまな文化が盛行する。出版もその1つで、本は人々の暮らしの中で身近な存在となっていく。

コメントを残す

前の記事

走り初めで新年祝う