建物外壁で詐欺被害啓発

外壁に映像がうつり、年末特別警戒をPRする

特殊詐欺被害防止や交通安全啓発のプロジェクター投影が、中野市銀座通り入り口の長野銀行中野支店の建物外壁を利用し、始まった。

同支店の協力を得て、中野警察署などが実施。民間の建物外壁を使っての特殊詐欺被害防止の啓発活動は、中野市内では初という。

コメントを残す

前の記事

根塚遺跡から三韓土器

次の記事

明日は元旦号発行