和装の生活楽しんで

紅葉する庭園で記念撮影

11月15日の「きものの日」にちなみ、(仮称)山田家資料館で14日、着付け教室が開かれた。着付けを習った参加者は、和装のまま資料館や紅葉が進む秋の庭園を楽しんだ。

着物の素晴らしさに触れ、着物のある生活を楽しんでほしいとの願いから、全国和装学院連絡会では「きものの日」に合わせて「全国いっせいきもの教室」を無料で開いているが、本年度は中野市教育委員会との共催で同館を会場に開催。

参加者は館内での着付けに続き、秋晴れの下、庭園の散策や土蔵などの見学を楽しんだ。

コメントを残す