地域の美術品、古民具残そう

絵画などが展示され、地域の宝を残そうと取り組んでいる

一般社団法人未来社会推進機構(吉越明人代表理事・飯山市瑞穂小菅)は「地域の歴史文化を伝える美術品、古道具、古民具を地域に残そうプロジェクト」をスタートした。プロジェクトの一環として31日まで北信州出身者の掛け軸や絵画を展示販売する「北信濃の作家展」を開催している。

北信州出身者の絵画や掛け軸などの美術品、古道具、古民具は地域の歴史文化を伝える貴重な資源のため、後世に残そうとプロジェクトを企画。県公安委員会から古物商の許可も取得した。

コメントを残す

次の記事

志賀高原で天空フェス