奈良、西原さん土人形販売

創作土人形工房まちなか交流の家では、立ヶ花人形5代目の西原久美江さん、中野人形6代目の奈良由起夫さんが制作した土人形を8月1日から販売する。

中野市の郷土玩具である土人形をもっとたくさんの人に身近に感じ、親しんでもらいたいと、同館を運営するなっちょ合同会社(松村直樹代表社員)の思いに西原、奈良さんが快諾して実現。数量限定で販売することになった。

販売する土人形は、西原さん作が「八重垣姫」「招き猫」「羽子板娘」「春駒」。奈良さん作が「招き猫抱き童子」「布袋さん」「まんじゅう喰(く)い」「ひょうたん担ぎ」と「1年生」の男の子と女の子。価格は2 0 0 0円から。電話での取り置き不可で、購入は来館のみ。

問い合わせは、同館☎23・2077へ。

前の記事

食いしん坊夏まつり

次の記事

二胡の音色流れる