「疫病退散」願い知人に

絵手紙サークル「つぶやき」と「ひまわり」では、会員34人が疫病退散の利益があるとされる妖怪「アマビエ」を描いた絵手紙を県外の親類や友人に送って元気づけている。

両サークルでは6月から活動を再開し、新型コロナの収束を願い、思い思いのアマビエを絵手紙に。2カ月ぶりに楽しいひとときを過ごした。

疫病退散の利益を絵手紙に

コメントを残す

前の記事

相子靖子 初夏の染色展