ネギ専用さくり分け機開発

開発したネギ用さくり分け機

 中野市新野の建築業・上原一幸さん(71)は、ネギ定植の畝割作業を容易かつ理想的な床状態にするネギ専用のさくり分け機を開発した。
 建築残材を活用し溶接して作った先端がV字型に尖ったさくり分け機に人を乗せて、ウインチで引っ張ると深さ30㌢ほどの畝が出来上がっていく。ウインチの巻き上げ速度は毎分25㍍。ふらついてしまう課題は、両サイドに「そり」を付けて改良したおかげで、「ただ乗って、ハンドルにつかまっているだけ」で真っ直ぐきれいに仕上がっていく。
 開発のきっかけはトラクター作業だと、苗の根が張る畝真ん中の底部分が固くなってしまうことへの克服。後から柔らかい土を乗せなければならなかったが、開発したさくり分け機だとあら不思議、掘った地面の一番深い部分よりさらに10㌢以上ふかふかだ。
 作業はウインチを操作する人、さくり分け機に乗る人の2人1組で行う。レンタル料はウインチとセットで1日2500円。事前にロータリーで土を起こしてから行う。
 今回のネギ専用のさくり分け機は、知り合いの山ノ内町の溶接屋さんと二人三脚で製作。試作品は、負荷が大きいため先端の角度を鋭角に、土が入るので底を取り付けて、走行が不安定だから両サイドにソリを取り付けて、ループハンドルからバーハンドルに改良。全体的に土が付いてしまう課題には表面にアクリル板をセットして克服した。
 上原さんは、地元新野の野菜市のメンバーになって、野菜や花などを栽培する農作業の苦労を知り、「楽をする方法」(上原さん)のアイデアを具体化。ギンナンの果肉分離器はこれまでに全国から注文があり、91台を販売している。畝に深さ7㌢の7本の溝が一気にできる花と野菜用の溝切り機や、石拾い機も開発し、近くお披露目を予定する。問い合わせは上原さん☎090・1866・1520へ。